おおたキッズクリニック

三重県鈴鹿市の小児科、アレルギー科なら おおたキッズクリニック

〒513-0841 三重県鈴鹿市弓削町1160-1
TEL 059-381-0002
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

よくある質問

Q.ぜん息の発作がおきやすいのはどんなときですか?

A.アトピーによるぜん息では、アレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)に接触したときに発作が起こります。アレルゲンは人それぞれ異なりますが、ダニやカビ、卵やソバなどの食べものなどがあげられます。
 アレルゲンのほかに、かぜなどの気道感染や季節の変わりめ(とくに春や秋)、天候の変化、疲労、食べすぎ、運動、ストレス、アルコール摂取などが発作の誘因となります。時間的には、夜から早朝にかけてが一番発作が起きやすい時間帯です。

 

ぜん息は「コントロールする病気」といいますが、「治る」のと、どう違うのですか?

A.ぜん息が治る(治癒)とは、気道の炎症がなくなり、薬をやめても発作が全く出ない状態のことをいいます。実際にそのような状態にまで治療するのはなかなか大変で、薬をやめると再び発作が起きやすくなります。このため、ぜん息を「治る病気」とは、あまりいいません。しかしぜん息は、発作時以外は全く支障がない病気です。ですから、「薬によって発作を“コントロール”することで、健康な人と同じように生活できる病気」と表現されるのです。
 ただ、ぜん息の発作は起きてからそれを鎮めるのではなく、発作を起こさないようにすることが大切だということも理解しておいてください。発作のもとになっている気道の炎症は、発作によってますます進行し、さらに発作を起こしやすくするからです。  本当の意味でのぜん息コントロールとは、発作時に適切に対応するということでなく、発作を起こさない状態を維持するということです。

 

Q.発作を鎮めるポイントを教えてください。

A.発作が起きたときは、なるべく早い段階で気管支拡張薬を吸入することが大切です。気管支拡張薬は発作の初期にはよく効きますが、気道収縮が強くなると、あまり効果が期待できません。最初は軽そうにみえる発作が急に重い発作に変わることもありますから注意してください。
 発作がいつもより重いと感じたら、あらかじめ主治医から受けている指示に従って、素早く対処します。会話や歩くのも難しいような発作や、気管支拡張薬を使っても発作が治まらない、次第に症状が悪化していくといったときは、すぐに救急病院を受診してください。一人の場合は救急車を呼んでください。発作は深夜に起きやすいものですが、だからといって遠慮は禁物です。

 

Q.発作を起こさないために、自分でできることはありませんか?

A.まず第一に、発作の原因を取り除く工夫をしてください。アレルゲンを減らすには、室内をこまめに掃除し、ふとんやカーテンも十分に掃除機をかけ、エアコンのフィルターも忘れずに清掃します。ペットは飼わないほうが賢明です。気温の変化の刺激をやわらげるには、なるべく家全体を空調するのがよいでしょう。乾燥する季節には、加湿器を使うのもよい方法です。また、冬季のマスク着用は、吸い込む息を暖めてくれて効果的です。たばこはやめてください。患者さんがいるご家族は、全員が禁煙する必要があります。
 第二には、自分で気道の状態を知ることです。ぜん息発作は突然起こるように感じますが、気道の収縮は発作の前から始まっていて、ある程度まで気道が狭くなったときに、初めて息苦しさが自覚されるのです。自分で気道の状態を把握しておけば、発作が起きそうなときは薬を多めに使用して、発作を予防することができます。

 

Q.子どものぜん息は、大人のぜん息となにか違いがありますか?

A.まず、子どもの場合は病気を管理するのが本人ではなく、保護者であるという点が大きな違いです。発作が起きたとき、保護者の方はそれが軽い発作なのか重い発作なのかを判断し、自宅で対応できるか病院に連れていくべきなのか、適切な手段を選ぶ必要があります。なお、発作が重くなると、ゼーゼーヒューヒューというぜん鳴がしなくなりますが、これは呼吸停止に近い、大変危険な状態です。
 子どものぜん息では、原因がアトピーによるものが多いという特徴もあります。なにがアレルゲンなのかがわかったなら、それを避けることで、発作を比較的防ぎやすくなります。
 また、ぜん息だからといって特別扱いするのはよくありません。運動などもできるだけほかの子どもと同じようにさせてあげてください。